二隻の舟 歌詞

歌:中島みゆき

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

時は 全てを連れてゆくものらしい
なのに どうして 寂しさを置き忘れてゆくの
いくつになれば 人懐かしさを
うまく捨てられるようになるの

難しいこと望んじゃいない
有り得ないこと望んじゃいない

時よ 最後に残してくれるなら
寂しさの分だけ 愚かさをください

おまえとわたしは たとえば二隻の舟
暗い海を渡ってゆく ひとつひとつの舟
互いの姿は波に隔てられても
同じ歌を歌いながらゆく 二隻の舟

時流を泳ぐ海鳥たちは
むごい摂理をささやくばかり
いつかちぎれる絆 見たさに
高く高く高く

敢えなくわたしが 波に砕ける日には
どこかでおまえの舟が かすかにきしむだろう
それだけのことで わたしは海をゆけるよ
たとえ舫い網は切れて 嵐に飲まれても
きこえてくるよ どんな時も

おまえの悲鳴が 胸にきこえてくるよ
越えてゆけ と叫ぶ声が ゆくてを照らすよ

おまえの悲鳴が 胸にきこえてくるよ
越えてゆけ と叫ぶ声が ゆくてを照らす

難しいこと望んじゃいない
有り得ないこと望んじゃいないのに

風は強く波は高く 闇は深く 星も見えない
風は強く波は高く 暗い海は果てるともなく
風の中で波の中で たかが愛は 木の葉のように

わたしたちは二隻の舟 ひとつずつの そしてひとつの
わたしたちは二隻の舟 ひとつずつの そしてひとつの
わたしたちは二隻の舟

中島みゆきについて

1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビューし、同年「時代」で、ヤマハポピュラーソングコンテストと世界歌謡祭グランプリ受賞。以後、「わかれうた」「悪女」などが大ヒット。現在までにオリジナル・アルバム32作品をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。2002年NHK紅白歌合戦初出場。2003年にはNHK「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」が、オリコンシングルチャートTOP100で148週チャートインの日本記録を達成。
中島みゆきの人気歌詞

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なに ...

ファイト!

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんの ...

時代

今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて ...

空と君のあいだに

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる ...

命の別名

知らない言葉を覚えるたびに 僕らは大人 ...

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたこ ...

タクシードライバー

やけっぱち騒ぎは のどがかれるよね 心 ...

銀の龍の背に乗って

あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷 ...

麦の唄

1. なつかしい人々 なつかしい風景 ...

宙船(そらふね)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆ ...

化粧

化粧なんてどうでもいいと思ってきたけれど ...

ひとり上手

私の帰る家は あなたの声のする街角 ...

ホームにて

ふるさとへ 向かう最終に 乗れる人は ...

この空を飛べたら

空を飛ぼうなんて 悲しい話を いつまで ...

あの娘

やさしい名前をつけたこは 愛されやすい ...

世情

世の中はいつも 変わっているから 頑固 ...

地上の星

風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな ...

永遠の嘘をついてくれ

ニューヨークは粉雪の中らしい 成田から ...

旅人のうた

男には男のふるさとがあるという 女には ...