sofa 歌詞

歌:スガシカオ

作詞:スガシカオ

作曲:スガシカオ

窓のない向かいの工場が
季節に関係なく低い音をたてていて
ぼくはいつも 世界のどこにいても
その音がするんだと あたりまえに思ってた
そう 信じてた

My baby 君がいない夜 あたりまえに君がいたソファ
baby 君がいない部屋 なんだかよそいきの顔をしている

雲がぼくから月の光さえ奪うと
自動販売機の切れかけた灯りだけが
まぶたにぼうっと焼き付いて
まるで夜光虫みたい…
思い出そうとすると もう そこにいない

My baby ぼくの部屋に 今日も夜が来たということは
baby 君にもきっと 同じ色で違う夜がきたんだろう

窓から見える5つ目の街灯 いつの間にか切れてしまったんだろう
君が抱えてた悲しみに灯りを ひとつくらい灯せたかな…

My baby 振り返ったんだ 君がそこにいるような気がして
baby 君が好きだった コンフレークとスープがころがってる

My baby 君がいない夜 あたりまえに君がいたソファ
baby 君がしたであろう ドラマの録画がはじまってる
スガシカオの人気歌詞
Progress

ぼくらは位置について 横一列でスタートを ...

春夏秋冬

春の空はたぶん 思ったよりもずっと青く広 ...

ドキドキしちゃう

ぼくらが確かに 今いい大人になったからっ ...

アシンメトリー

涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしな ...

AFFAIR

そんなことがたびたび起きて 悲しい出来 ...

黄金の月

ぼくの情熱はいまや 流したはずの涙より ...

ホームにて

また誰か 今日もギターをつま弾いてる ...

あまい果実

受話器のむこうで 音がしているけど そ ...

午後のパレード

夏の日差し 乱反射して パレードがやって ...

雨あがりの朝に

どこかでカミナリの音が 夜の空に低く響い ...

ヒットチャートをかけぬけろ

生きてゆくために 何をすればいいかなんて ...

HOP STEP DIVE

ヤミを食べて巨大化した カナシミを今ぶん ...

NOBODY KNOWS

さらば 昨日までの口づけよ さらば い ...

青空

あれから君のことは そう、しばらく思い ...

夕立ち

その日 午後から日暮れにかけて かるい ...

夏色タイム

"海に行こう"って突然 君がいいだして ...

月とナイフ

ぼくの言葉が足りないのなら ムネをナイ ...

コノユビトマレ

“バイトに遅刻しちゃいそうだから ...

コーヒー

君が笑ってる それだけでいいんだ 君が ...

正義の味方

街はずれの工場のならび 不思議な家族が住 ...