僕は強くないから

歌:SP-D

ひとつひとつ重ねた 思い出読み返しながら
涙で滲ぬ 最後のページ 今も触れずに置いてある
あの日からの出来事は 今も白紙のままで
この手に触れる事も出来ず 今弱気な僕がいる

涙で滲んだ空見上げて 今僕に光を与えて

ずっと君と二人で歩いた道も 変わらない足跡 記憶の中
その小さな体を両手で支えた あの時の 温もり 忘れられない
次の恋を待っているほど‥ 僕は強くはないから…

出口が見つけられず 笑顔も作れないまま
一人部屋でヒザを抱え 君との過去を思い出す
カーテンを開けると 木漏れ日少し差し込んで
わずかな光この僕の 心の中突き刺さる

あの日の約束さえ忘れて 後悔の涙に溺れて

ずっと君と二人で歩いた道も 変わらない足跡 記憶の中
その小さな体と思い出の場所を あの時と変わらず 思い出します
いつも君を想いながら‥ 一人で泣いています…

君との過去思い出も すべて読み返し
眠れないよ夢でもいいよ 微笑んで

ずっと君と二人で歩いた道も 変わらない足跡 記憶の中
その小さな体を両手で支えた あの時の温もり 忘れられない
次の恋を待っているほど‥ 僕は強くはないから…
僕は強くはないから…