少女の薄明 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:霜月はるか

作曲:zts


朝(あした)の見えぬ夜
繰り返し 時を重ねた
あぁ 肺に流れ込む
この灰色の感情にのまれる

カラカラ音を立てて
小さな輪を回してる
出口などはじめから無い
檻の中で尽きるだけ

抗うほどにまた
尖る刃が
傷跡を抉った

変わらぬ運命なら
願うことは無益だと
分かってる 分かっているの
それでもまだ願ってしまう

闇の中できらめいた
かすかな希望
縋るように伸ばした手が
どうか届くように

胸を穿つ悲しみに
すくんだ足を
一歩前に出すたびに
とても怖くて

けれどもうこの輪廻から
抜け出したいの
夢見ていた幸せな
ありふれた日々

終焉(おわり)が近付く
夜明けを待ってる…

霜月はるかについて

女性シンガーソングライター。
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

透明シェルター

止まってゆく心が なつかしい思い出を奪 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

光の螺旋律

ふれた指先 心 燈して 流れ出す旋律 ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

零れる砂のアリア 終章

蒼い砂が、さらさらと零れ落ちていく 倒 ...

カザハネ

夕暮れ染まる丘に佇み ひとり 伸びる影 ...

郷里はるか

あの坂を越えて 続きゆく道の 後に残し ...

いつかのひかり

満ちる黄昏 溶ける面影 琥珀の世界 閉 ...

ユラグソラ

そっと瞼を閉じて 時に身を委ね 遠い蒼 ...

花ひらく蒼天(LIVE VER.)

天上(そら)にひらける花は 蒼く儚く散 ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

空蝉ノ影

ヒカリ ヲ 舞い散る花の香りは甘く ...