放浪歌 歌詞

歌:藤あや子

作詞:木下龍太郎

作曲:林萬太郎

さいはて 港酒場
海に漁火 泣いている
胸の残り火 映るのか
恋のきずあと 癒せずに
弱虫 女ひとり
憎めないから なおつらい
想いわかるか 海鳥が
翼濡らして 放浪歌

さいはて 港しぐれ
あなた忘れの 旅まくら
傘を差しても 心まで
雨のしずくが 凍りつく
酔いどれ 女ひとり
明日の行方が 捜せない
浜の酒場の 止まり木で
すすり泣くよに 放浪歌

むらさき 港夜明け
雨があがって 陽は昇る
聴こえ始めた 春だより
夢を探して 放浪歌
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...