鴎の女 歌詞

歌:藤あや子

作詞:たかたかし

作曲:山口ひろし

雨が港に降る夜は
胸が濡れます恋しくて
ひとり小窓で くち紅ひけば
夜の海峡 霧笛が走る
かもめ、かもめ、かもめさん
ばかだね、あんた…
本気で男に ほれたりしてさ

港でおまえとくらせたら
そんなあの日の膝まくら
はるか沖合 漁火ゆれて
夜の海峡 未練が走る
かもめ、かもめ、 かもめさん
無口な、かもめ…
少しはあんたも利口におなり

泣いてもどらぬ人なのに
なんでこうまで抱かれたい
酔いにみだれてため息つけば
夜の海峡 時雨が走る
かもめ、かもめ、かもめさん
泣き虫、かもめ…
あんたもひとり わたしもひとり
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...