月の雫 歌詞

歌:藤あや子

作詞:仁井谷俊也

作曲:小野彩

月の光で 読む恋文は
貴方に逢える ときめきよりも
逢えない夜の せつなさを
女ごころで 奏でます
笹の葉さやさや 鳴る夜に
こっそり忍んで 来て欲しい
明日…いいえ… 今すぐに
綴った愛が 真実なら…

月の雫に 濡れて咲く
宵待草は おんなの涙
悲しいほどに 美しく
人の哀れを 誘います
時雨がしとしと 降る前に
結ばれたいのよ 永遠に
明日…いいえ… 今すぐに
一夜を想う 千夜にも…

粉雪ほろほろ 舞う前に
こっそり奪いに 来て欲しい
明日…いいえ… 今すぐに
夜空に浮かぶ あの「月の船」で…
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...