牡丹雪 歌詞

歌:藤あや子

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

もしも浮世が 夢路(ゆめ)だとしたら
あなたふたりが 可哀想
哀しい都会の 女と男
ひとつの毛布に くるまって
涙の迷子に ならない様に

牡丹雪降る 夜更けの窓に
あなた過去(きのう)を 積らせて
故郷忘れた 女と男
心の焚火に 寄り添って
涙で希望が 濡れない様に

春がそこまで 足音たてて
あなた明日は 晴れますか
倖せ知らない 女と男
想い出継ぎ足す この酒に
涙のしずくが 落ちない様に
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...