夾竹桃 歌詞

歌:藤あや子

作詞:小野彩

作曲:伊藤雪彦

ひと枝折れて
ほのかに香る想い出よ
忘れたはずの人なのに
二人暮らした部屋の窓辺には
夾竹桃が今も咲いている
紅色の花びらが心を揺らす

夕暮れ染めて
静かに灯る街の燈よ
足音ばかり気にかかる
あなたの好きな手料理を覚え
時計見つめて いつも待っていた
鉢植えの紅い花 想いを寄せる

別れの辛さ
心の傷は薄れゆく
悔んでみても遅すぎる
あなたのことを想い出す度に
夾竹桃の燃える花びらに
夏の日の帰らない幸せ浮かぶ
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...