月恋花 歌詞

歌:諫山実生

作詞:長谷川久美子

作曲:弘田佳孝


消えてゆく狭間に 生まれくる奇跡が
それぞれの心の差す場所へ導く

わたしにできること 静かに満ちてゆく
夜を照らす月のように あなたを見守るの

その深いあなたの想いを あなたの求めてる絆を
たぐり寄せて光となるのなら わたしは…

祈っている あなたが逢いたいと願う人の隣で
目覚める朝を迎えられるように

微笑みあえる幸せを 共に生きてゆける喜びを
同じ風感じてゆけるのなら わたしは…

Ah あなたの心に触れられなくても
どんな形の愛でもかまわない そばにいられるなら

散らばってく糸は 時を越え また結ばれてゆく

Ah あなたを あなたを守ってゆきたい
溢れる想い この胸の中にしまって

Ah いつか来る幸せを抱きしめて生きる
今は静かに瞳閉じよう

また逢えるから
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...