たとえば朝のバス停で 歌詞

歌:スガシカオ

作詞:スガシカオ

作曲:スガシカオ

夜のニュースでは新しい年の話題で
明日のお天気もろくに伝えやしない
短い休みは家の中で過ごした
ポストの中には4、5枚の年賀状…
通りすぎていく時間 止まったままの日々

あの日のぼくと友達になってくれた人
名前も知らずにそれきりになった人
屁理屈ばかりで、吐き捨てたぼくの言葉を
あきれた笑顔で許してくれた人
いまさら便りのひとつ 書けるわけもないし…

たとえば夜の地下鉄で 誰もいない雨の公園で
ぼくはもう一度だけ 君にあえるかな…

カラぶりばかりで、みんなは笑っていたけれど
電話の向こう側で味方してくれたこと
他人のせいにして、うつむくぼくの背中を
あの時無神経に押してくれたこと
やさしい人ばかりに出会ったわけじゃないけど

たとえば朝のバス停で ずっとあかない踏切で
ぼくはもう一度だけ あなたにあえるかな…
スガシカオの人気歌詞
Progress

ぼくらは位置について 横一列でスタートを ...

春夏秋冬

春の空はたぶん 思ったよりもずっと青く広 ...

ドキドキしちゃう

ぼくらが確かに 今いい大人になったからっ ...

アシンメトリー

涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしな ...

AFFAIR

そんなことがたびたび起きて 悲しい出来 ...

黄金の月

ぼくの情熱はいまや 流したはずの涙より ...

ホームにて

また誰か 今日もギターをつま弾いてる ...

あまい果実

受話器のむこうで 音がしているけど そ ...

午後のパレード

夏の日差し 乱反射して パレードがやって ...

雨あがりの朝に

どこかでカミナリの音が 夜の空に低く響い ...

ヒットチャートをかけぬけろ

生きてゆくために 何をすればいいかなんて ...

HOP STEP DIVE

ヤミを食べて巨大化した カナシミを今ぶん ...

NOBODY KNOWS

さらば 昨日までの口づけよ さらば い ...

青空

あれから君のことは そう、しばらく思い ...

夕立ち

その日 午後から日暮れにかけて かるい ...

夏色タイム

"海に行こう"って突然 君がいいだして ...

月とナイフ

ぼくの言葉が足りないのなら ムネをナイ ...

コノユビトマレ

“バイトに遅刻しちゃいそうだから ...

コーヒー

君が笑ってる それだけでいいんだ 君が ...

正義の味方

街はずれの工場のならび 不思議な家族が住 ...