WALK 歌詞

歌:ACIDMAN

作詞:大木伸夫

作曲:ACIDMAN

滲んだ街の片隅で
貴方は何を見ていただろう?

明日の歌 その全てに
負けぬように歌っていたのだろう

黄昏の風に似た 世界の果てで
壊れそうに 揺れている 小さな目の
その強さに

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

華やぐ街の色達は
キラめいてもすぐ壊れて

気付けば嘘にも慣れたな
あの日の空も忘れたな

黄昏に染まれ

鮮やかな街は 何も語らずに
すれ違うままに また続いてゆく
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

春の欠片で目を覚ました
命達の その正しさだけ
ずっと抱えてゆくのでしょう

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

That is all.
We live.

ACIDMANについて

浦山一悟1978.3.27 B(Dr) 大木伸夫1977.8.3 B(VO.G) 佐藤雅俊1977.4.7 A(B) 2002年、メジャー・デビュー。「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」のシングル3枚連続リリース。
ACIDMANの人気歌詞
Your Song

When I look up at th ...

ある証明

鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過 ...

赤橙

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト ...

ALMA

銀河の先に生まれた メロディーを信じて ...

灰色の街

灰色 灰色の街の中 僕らは夢を見た ...

MEMORIES

小さな光が大好きだった 小さな両手で抱 ...

今、透明か

雲の下で叫ぶには 余りに小さ過ぎ 薄れ ...

最期の景色

時が過ぎれば 全てが消えて その痛みさ ...

新世界

世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だ ...

愛を両手に

嗚呼 人が皆 「神様がいなければ良かっ ...

世界が終わる夜

星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 ...

2145年

嗚呼、これが心というものなんだな 今、 ...

to live

拝啓 この平和な世界で ワケを求めて苦し ...

式日

消えてゆく 太陽も 肺も 歌も 生まれ ...

水写

イメージの中 生まれた金色模様 触れて ...

リピート

独りで崩した 祈りに少し似ているような ...

水の夜に

水の夜に 水の中で 水を奏で 水に ...

イコール

今、目覚めの中で 募る ただ一つの橋を ...

飛光

浮かぶ形の中 月の合図を待つ 底に触れ ...

造花が笑う

味気ない花の色に染められた あの人の眼 ...