ひとしずく 歌詞

歌:SHOWTA.

作詞:森戸太陽・荘野ジュリ

作曲:中崎英也

わがままを押し殺して キミはいつでも 微笑むけど
こんなにも 美しい夕焼け その目には映らなくて

はじめから 温もりなど 知らないほうが良かったとか
はじめから 孤独でいた方が 良かったと思う前に

ひとしずく ただ ひとしずく
笑顔で隠さないで
いつまでも 声にならない
涙を降らせて

笑い声 行き交う人 幸せたちに優しい街
キミは ただ 歩き続けている
帰る場所 探しながら

遠くまで空はあるのに
高いビルが塞いで
思うように 明日が見えずに
闇に包まれる

どんなキミでも構わない
誰もが背をむけるときも
変わりなく見つめる人が
そばにいるよ 心 見せて

ひとしずく ただ ひとしずく
夕日に染まる頬に
キミだけが胸に持ってる
暖かい雨を

ひとしずく ただ ひとしずく
笑顔で隠さないで
いつまでも 声にならない
涙を降らせて
ひとしずく のCD・楽譜

SHOWTA.の人気歌詞
願い星

僕のすべてだけじゃ 足りないんだ たぶ ...

君に、風が吹きますように

まわれまわれ どんなときも 君に風が吹 ...

Trans-winter~冬のむこう側~

もしも未来がないとしたら 今日全てが終 ...

光のゲンちゃん

1000年の 時を超えて 平安京から ...

ホタル

逢いたさを 願うたび 光を解き放つは ...

雪の音

ね、心は弱いけど 何度でも 生まれ変わ ...

ソーセージ

日曜の朝はソーセージ 先週買った紅茶の ...

春なのに

卒業だけが理由でしょうか 会えなくなる ...

観覧車は回る

「今度一緒に乗ろうよ」と君は言った そ ...