さよならのかわりに 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

さよならのかわりに 風が鳴いている
遠ざかる青空 君を連れ去ってゆく

光り射す場所へ 旅に出る
君は突然 切り出した
そんなに眩しい顔を見たら
「寂しい」なんて言えないよ…

“どんな時も話し合う事” 二人の約束
なのに「待ってて欲しい」 自分勝手過ぎるよ
置いて行かないで!!

さよならのかわりに 何を言えばいい?
遠ざかる青空 君を連れ去ってゆく

さよならのかわりに 風が鳴いている
ゆらゆら流れ雲 ふたり追い越してゆく

水曜日のバス 午後一時
君と何度も 乗ったっけ
あれから二度目の春を迎え
思い出になる恋心

「ゴメンネ… もう待てない」と告げた 最後の台詞
頬を伝う涙 頷く君が滲む
本当に好きだった

さよならのかわりに“ありがとう”って言おう
ゆらゆら流れ雲 ふたり追い越してゆく

晴れ渡る青空 胸の奥痛む空
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...