君がいなくなった理由 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

いつまでも どこまでも 続くはずと
信じてた 二人の日々 色褪せてゆく

最近じゃ 毎日が 忙しくて
君の顔 思い出すことも 減った気がするんだ

誰もいない部屋は 大きな空き箱みたい
残された置き手紙 滲んだ文字が並ぶ

こんなに近くに居たのに…何故?
その寂しさ 見えなかった

ただ一つ 君がいなくなった理由は
「消せない孤独」だった

その髪も その腕も その仕草も
その話し方も その涙も 思い出になり…

もしも どこかでまた 偶然出逢えたなら
その時は 笑い合える二人でいたいと思う

町並みはやがて雪を纏い 君の好きな季節が来る

忘れない 君がいなくなった理由も
遠回りしてた恋も

結局 最後に気付いたこと 僕は 君を愛している
変わらない 君がいなくなった理由が
分かった 今でも
だからこそ 誰より幸せでいて欲しい
それしか望まないよ
笑顔を絶やさないで
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...