スピカ 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

これは宿命 それとも悪戯?
貴方は遠く輝く スピカ

誰もいない 静かな海
季節外れの花火
火傷した 左手の薬指
貼ってくれた絆創膏

触れる度に胸が震えた
それが 出口のない片想いの始まり

これは宿命 それとも悪戯?
手を伸ばしても届かない スピカ

星占い となり同士
正反対のふたり
好みとか 聞いてみても貴方は
はぐらかして 笑うだけ

宇宙(そら)に並ぶ星座が語る
廻り逢うことさえ 許されない恋だと

これは宿命 それとも悪戯?
今以上にはなれない
他の誰かじゃ意味なんてない
こんな想いは初めてなのに…

流れ星を探しては
ひとつふたつ 溜め息
夜空さえも見放した
恋の行方 どこへ行くの?

これは宿命 それとも悪戯?
手を伸ばしても届かない
だけどいつかは 振り向かせたい
運命は この手で創っていけるから

貴方は遠く輝く スピカ
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...