誓い 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

君はどうしてだまって 僕の前からはなれてゆくの
これからだっていつまでだって 一緒にいるっていったよね

ここにいる事が あたり前のように思ってたときに戻りたい

愛する事 それが僕にできる 最後の誓い
いつまででも 君は心(ここ)で生きてるから

風が冷たく澄んだ日は 君の星を探しているよ
あの日 天(そら)へと昇った君は 小さな光を放ちながら

寂しい時も落ち込んだ時も 僕を遠くで照らしてくれる

愛する事 それがたったひとつ真実(ホント)の誓い
時を越えて 永遠に心(ここ)で生きてるから

君は 僕に強さと弱さを教えてくれた かけがえのない人だから

愛する事 それが僕にできる 最後の誓い
いつまででも 君は心(ここ)で生きてるから

忘れないよ いつも見ているから 一番側(そば)で
「さよなら」なんて言わない 心(ここ)で生きてるから

ずっと生きてるから
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...