嘘つき 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

この雨に打たれて 洗い流せるなら
昨日の嘘も うわべだけの言葉も溶かして

「自分らしさ」なんて 分からなくなるほど
色んな顔を使い分ける私は 誰なの?

本当はもっと心から 笑ったり泣いたりしたいのに…
また今日も知らない誰かが 私の口唇(くち)を動かしている

本当はいつも寂しくて 誰かと居てもひとりぼっちで
そんな気持ちも伝えられず 強がりばかりを並べているの
せめて貴方と居るときだけは 素直な私で居たいよ
素直な私で居させて…。

此処だけが私を許せる場所だから
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...