坂道 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

友達とはしゃいで
久しぶりにこんな 大きな声で笑った
丘の上 寝転んで
暮れゆく空見てた あの日と同じように

だんだんだんだん だんだんだんだん
知らず知らずのうちに 僕ら 大人になってた
どんどんどんどん どんどんどんどん
時にのまれて 追いかけてた光 霞んで見える

何となく過ぎてゆく
毎日には何も 誇れるものがない

だんだんだんだん だんだんだんだん
溜息ばかり増える 僕は 何してるんだろう
どんどんどんどん どんどんどんどん
地図に残した 足跡さえ今は 歪んで見える

あの日描いてた 未来の自分に
いつかこの手が 届きますように…

だんだんだんだん だんだんだんだん
街に灯りが ひとつ、ふたつ 燈り始めて
どんどんどんどん どんどんどんどん
僕の胸にも 追いかけてた光 甦っていく
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...