恋花火 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

空に花火が咲きました

八月のこの良き日に 今一つ 花火が上がる
人込みに紛れてつないだ手は 離さないように

君のラムネに呪文をかけた 想いが届きますように

空に花火が咲きました 瞳の中に光るあのオレンジ色
赤い金魚を追うデメ金に 心重ねてみた夏

階段に腰掛ける君に 鳥居の影 淡く揺れる

「わたあめのような 笑い方するね」 何それ!? 期待しちゃう!!

うわの空に花火が 咲きました
追いつきそう でも届かない 鬼ごっこ
いつまで私が追いかけたなら つかまえられるだろう…君

浴衣の裾が風になびく 夏はもう終わります

空に花火が咲きました 瞳の中に光るあのオレンジ色
夏の夜空にこの恋花火 咲かせてみせるから
二人だけの花火よ 高く広い空に咲け!!
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...