Winter Story 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

だらしがなくて やりっぱなしは いつも当たり前
一日一度 必ず私を苛つかせるの
約束しても すぐに忘れて 言い訳ばかりで
そんなに無理に 強がらなくても わかっているのに

でもね その瞳で見つめられると
何故か憎めない 許してしまうの

言葉とぎれた時に 私だけに見せる横顔
少年みたいに はしゃぐ姿
ずっと変わらないで Winter Story

素直じゃないし とても不器用で 喧嘩もするけど
誰より綺麗な 心をもってる 私の自慢よ

そんな貴方を守ってあげたい
シーツのように包んであげたい

二人の夢の場所へ 昨日よりも近づけるように
貴方と私だけの秘密のルート
ゆっくり 育てよう PRECIOUS Story

真っ白な風の中 寄り添って見上げた空に
いつかこの手が 届きますように…
高く高く想いを込めて

言葉とぎれた時に 私だけに見せる横顔
少年みたいに はしゃぐ姿
ずっと変わらないで Winter Story
ずっと隣で笑っていてね
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...