とおりゃんせ 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

とおりゃんせ とおりゃんせ
暮れなずむ空へと とおりゃんせ

あれは緑芽吹く春 菜の花摘みし戻り道
小川に架かる橋の上 愛し君を見つけた

あれは木々の萌ゆる夏 夕星いづる蝉しぐれ
二つの小指を蛍が 赤い糸で結んだ

とおりゃんせ とおりゃんせ
帰れない細道
とおりゃんせ とおりゃんせ
染まりゆく空へと とおりゃんせ

いろはにほへと 陽炎の中
あさきゆめみし 夢の終わり

それは黄金(きん)に実る秋 響き渡りし わらべ唄
心にともる恋の灯が 揺れる いざよいながら

それは野山眠る冬 風花舞いし清き朝
繋いだ小指を解いた 愛し君よ何処へ

とおりゃんせ とおりゃんせ
近くも遠き道
とおりゃんせ とおりゃんせ
移りゆく空へと とおりゃんせ

とおりゃんせ とおりゃんせ
散りゆく運命(さだめ)なら
とおりゃんせ とおりゃんせ
暮れなずむ空へと とおりゃんせ
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...