風をあつめて 歌詞

歌:はっぴいえんど

作詞:松本隆

作曲:細野晴臣

街のはずれの
背のびした路次を 散歩してたら
汚点だらけの 靄ごしに
起きぬけの露面電車が
海を渡るのが 見えたんです
それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

とても素敵な
昧爽どきを 通り抜けてたら
伽籃とした 防波堤ごしに
緋色の帆を掲げた都市が
碇泊してるのが 見えたんです
それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

人気のない
朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら
ひび割れた 玻璃ごしに
摩天楼の衣擦れが
舗道をひたすのを見たんです
それで ぼくも
風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を
風をあつめて のCD・楽譜

はっぴいえんどの人気歌詞
暗闇坂むささび変化

ところは東京麻布十番 折しも昼下り ...

はいからはくち

はいから はいから はいから はい ...

春よ来い

お正月と云えば 炬燵を囲んで お雑煮 ...

かくれんぼ

曇った空の浅い夕暮れ 雲を浮かべて烟草 ...

抱きしめたい

淡い光が吹きこむ窓を 遠い田舎が飛んで ...

空いろのくれよん

空いろのクレヨンできみを描いたんです ...

風来坊

ふらり ふら ふら 風来坊 風来坊 朝 ...

夏なんです

田舎の白い畦道で 埃っぽい風が立ち止る ...

相合傘

いつも 通り雨にゃ いつも 通り雨 ...

あしたてんきになあれ

ときどき戦闘機が墜ちてくる街に 今日は ...

十二月の雨の日

水の匂いが 眩しい通りに 雨に憑れた ...

春らんまん

向ふを行くのは お春じゃなゐか 薄情な ...

颱風

四辺は俄かにかき曇り 窓の簾を洌たい風 ...

花いちもんめ

ぼくらが 電車通りを駆け抜けると 巻 ...

無風状態

マストに風を巻いて 海に乗り出せ 低 ...

さよならアメリカさよならニッポン

さよならアメリカ さよならニッポン ...

愛餓を

あいうえを かきくけこ さしすせそそそ ...

氷雨月のスケッチ

雨のむこうに街が煙って 赤や黄のパラソ ...

明日あたりはきっと春

冬化粧 白は流れて 砂糖菓子の街 ひっ ...