ノスタルジア椎葉 歌詞

歌:成世昌平

作詞:もず唱平

作曲:聖川湧

朝(あさ)靄(もや)はるか 深山(みやま)の里の
薄紅色の山桜
他郷にありても 忘れまじ
恋しや春の あぁ椎葉(しいば)

月の出遅い 蛍の晩に
似ている夜空 十字星
この地はブラジル サンパウロ
恋しや夏の あぁ椎葉

鶴富姫と 大八さまを
稗つき節に詠んだ頃
ビンガを呑むたび 想い出す
恋しや秋の あぁ椎葉

夜神楽待った 祭の宵の
肩寄せ合った 囲炉裏端
どうしているだろ あの友よ
恋しや冬の あぁ椎葉

恋しや故郷 あぁ椎葉

――酒井繁一さんに捧げる
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...