螢の宿 歌詞

歌:都はるみ

作詞:吉岡治

作曲:市川昭介

溜息つくたび光るよな
迷い蛍のふたりです
えにしの糸も もつれるままに
堕ちてゆくのが あゝ
さだめの恋でも 指からませて
夢なら水無瀬も越えられる

言葉はなんにも要らないの
いまは黙って抱いていて
蛍は二十日 蝉なら三日
たとえ相呼ぶ あゝ
相寄る心も 魂だって
命はいつかは滅ぶもの

蛍の宿は何処にある
甘い夜露のかくれ里
振りむかないで 明日が濡れる
あなた闇夜が あゝ
闇夜があるから 蛍は舞うの
焦がれて天まで飛んでゆく
都はるみの人気歌詞
アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

桜時雨

負けないで 生きてゆこうねと おみくじ ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

夕陽坂

歩いて歩いて ここまで来たわ 「あなた ...