朝花 歌詞

歌:石川さゆり

作詞:樋口了一

作曲:樋口了一

夏は過ぎ 胸に残る唄ひとつ
あのひとと 唄った 唄がひとつ
悲しく 悲しく 響いた時
優しく 優しく 包まれた時

あの朝花の 調べに寄り添い
ハイハイ ハ~レィ ヨイサヨイ と
生きて 生きてきました

子は育ち やがて子の親となり
この唄を 集い 唄うのだろう
楽しい 楽しい 時に唄え
苦しい 苦しい 時こそ唄え

あの朝花の 調べに抱かれて
ハイハイ ハ~レィ ヨイサヨイ と
泣いて 泣いてみました

瞬きの 間に過ぎていった
この生を 悔やむ 曇りはあらず
いつしか いつしか カモメになり
あのひとの あのひとの 胸に帰るまで

あの朝花の 調べに寄り添い
ハイハイ ハ~レィ ヨイサヨイ と
あなたを想い

あの朝花の 調べに寄り添い
ハイハイ ハ~レィ ヨイサヨイ と
生きて 生きてゆきます
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
花と記憶

歌:Orangestar

過ぎ去った夏の淡い汐瀬に 消えるその性 ...

空奏列車

歌:Orangestar

未来線 海上 黎明 凪いだ視界 HAZ ...

残灯花火

歌:Orangestar

夜焦りの暗がり 去りし夏の宵 二人眺め ...

シンクロナイザー

歌:Orangestar

あ~あ 夏の喧騒から3分前を思い出して ...

超次元愛歌

歌:Orangestar

次元を越えた遠距離恋愛 Yeah... ...

真夏と少年の天ノ川戦争

歌:Orangestar

真夏の坂を駆ける自転車の 背景のお社の ...

或るひと夏の追憶

歌:Orangestar

あぁやっと目が覚めたかい君 あぁ違うな ...

夏色アンサー

歌:Orangestar

夏のさ 香りが 風にさ 流され流れ ...

ナンバーナイン

歌:米津玄師

歩いていたのは 砂漠の中 遠くに見えた ...

ドーナツホール

歌:米津玄師

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

夏色

歌:ゆず

駐車場のネコはアクビをしながら 今日も ...

石川さゆりの人気歌詞
津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅 ...

能登半島

夜明け間近 北の海は波も荒く 心細い旅 ...

飢餓海峡

ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に ...

あぁ… あんた川

夢の続きが あるのなら 連れて逃げると ...

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

歌麿 -UTAMARO-

火を抱いて 闇の中 月の出を 待ってい ...

夫婦善哉

浮草ぐらしと あなたが笑う 肩に舞うよ ...

暗夜の心中立て

好きと云はれりや誰にでも からだをひら ...

肥後の盆唄

襦袢(じゅばん)の裾(すそ)に 蛍が止ま ...

ウイスキーが、お好きでしょ

※ウイスキーが お好きでしょ もう少し ...

Ra.n.se

諦めようとしました 忘れる…ためらいま ...

風の歌 波の歌

風は何を歌うのでしょう 生まれた山の悲 ...

ちょいと…

こんなところで逢うなんて嘘みたい 熱い ...

居酒屋「花いちもんめ」

言いたいことがあるからと あんた一升か ...

かくれんぼ

想い出します かくれんぼ 日暮れ近づく ...

夏、うれしいね

夏は あまくすっぱい 林檎飴 赤い鼻緒 ...

あいあい傘

壁に描いたいたずら書き あいあい傘の ...

不忍恋歌

いくつか恋もしました 傷付いた日もあり ...

だいこんの花

賑やかに 笑って一生 泣くのも一生 ...