東京心中 歌詞

歌:the GazettE

作詞:流鬼.

作曲:大日本異端芸者の皆様

「父さん、母さん。私、あの人と東京で暮らす事にしました。
馬鹿な事だとは十分解ってます。
私だってもう子供じゃありません。自分で考えられます。
ごめんなさい。最後のわがまま許して下さい・・・」

愛する人が今の私の全てです
貴方がいるから私が私でいられるの
あの日貴方から渡された東京行きの切符と
打ち明けてくれた、将来と夢は
「この街を出て東京で一?に暮らしてくれないか?」
私は少し惑いながらも嬉しかった
不安なんて少しもなかった 愛する人が一?ですから
辛い時や寂しい時も多少あるでしょうが
頼る家族も捨ててきました 馬鹿な甘えや未練も全部
貴方との新しい人生と夢の為に
貧しさが身に染み渡る だけど貴方が居るから
帰りを待つ時間さえも幸せで溢れてる
心をこめて作った貴方が好きな料理
喜ぶ顔が早く見たい・・・ 見たいです

「東京の生活にも慣れてきました。
あの人は毎日夜遅くまでお仕事がんばってます。
そのせいでしょうか、最近元気が無い様に思えます。
私が聞いても、ただくたびれた笑顔を見せるだけで
答えてくれません。心配で仕方ないです。」

「ただいま。」

とても優しい貴方の声
辛い時はいつも二人で支え合った
どんなに不幸でも二人なら大丈夫だった
愛が冷めた訳じゃない ただお互いの気持ちが
そっぽを向いてただけ
初めて貴方が泣いてた 社会に破れた夜
何て声をかけたらいいか、、、?えて
夢の為に無くした幸せな家庭は
前を向けずただ悔しくて泣いている
貧しさが身に染みる 二人は手を取って
季節はずれの線香花火を見つめてる
この火種が落ちて 未練が無くなったら
目を閉じて極寒の海へ、、、二人で。
繋いだ手がほどけて 無になる私と貴方。

「貴方と過ごした十三ヶ月間。本当に色々ありましたね。
一?に居たからよく解ります。頑張り過ぎてつかれたんでしょ?
もう大丈夫 私ずっと一?に居るから。ごめんね父さん、母さん。
あたしこの人無しじゃ生きて行けない。心配させてごめんなさい。
ごめんなさい。ごめんなさい・・・」
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
世界に一つだけの花

歌:SMAP

「NO.1にならなくてもいい もともと特 ...

Wannabe

歌:Spice Girls

Yo, I'll tell you wh ...

ありがとう・さようなら

歌:童謡・唱歌

ありがとう・さようなら ともだち ひと ...

LIFE

歌:いきものがかり

どんな希望を歌えばいいんだろう 誰かが ...

ラーメンたべたい

歌:矢野顕子

ラーメンたべたい ひとりでたべたい ...

HaruHaru-Japanese Version-

歌:BIGBANG

君の事を思い出すよ 考えればただ悔やむの ...

あなたがいてくれたから

歌:AKB48

あの日の歌が流れ 時計が巻き戻されて ...

SPARK

歌:THE YELLOW MONKEY

目を閉じて始めよう この夜は誰のものでも ...

DONUT SONG

歌:山下達郎

逢ったその日に虜になって だけどうまく ...

ラーメン大好き小池さんの唄

歌:シャ乱Q

朝も昼も夜も夕方も ずっと思うはおまえ ...

ハリケーン

歌:シャネルズ

あの娘捜すのさ Midnightチュー・ ...

the GazettEの人気歌詞
Cassis

ずっと繰り返してた ずっと悲しませてば ...

貴女ノ為ノ此ノ命。

「春風香る四月に謌う純恋歌...。」 ...

紅蓮

ごめんね あと少し アナタの名前と眠らせ ...

[DIS]

「宣戦」暗い世に打ち込んだ PEACE ...

VORTEX

二度と消せないくらいに傷を深めてくMal ...

7月8日

君と別れて二年が経つね なんだか昨日の ...

別れ道

大好きだったのにお別れです ケンカばか ...

舐~zetsu~

雨降りの火曜日、湿気が醜く心地良い 荒 ...

Last bouquet

ねぇ またそうやって 僕の顔色伺って ...

INSIDE BEAST

[Give me your beast ...

Hyena

Ugly acting and song ...

SHIVER

たとえ…終わる事の無い悲しみがあなた奪っ ...

CALM ENVY

降りしきる雨の音に 沈みそうな その約 ...

Fu 置き手紙に記した Fu ごめん ...

Red

あなたを深く知る程に あなたがわからな ...

未成年

がむしゃらに 何かを探してた 躓いて ...

幸せな日々

傷付け合うつもりはなかったでしょ? だ ...

WITHOUT A TRACE

脆弱な意識は剥がれ ゆっくりと足音を立て ...

PLEDGE

傷付けた後でしか 気付けなかった事 過 ...

春雪の頃

the day of blue grad ...