面影みれん 歌詞

歌:北見恭子

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

ひとりでいるやら ふたりやら
あのひとどうして いるかしら
人恋しぐれの 降る宵は
過ぎた昭和の 面影が
ウシロ髪ひく 吐息酒

行方(ゆくて)の苦労が 見えたって
つくして悔いない 恋でした
一途なおまえが 重たいと
風にまぎれて 去(い)ったひと
あれは昭和も 終り頃

このさき誰かを 愛しても
あのひと空似の ひとでしょう
孤(ひと)り身つづきの この乳房(むね)に
過ぎた昭和の ぬくもりが
しみて涕(な)かせる みれん演歌(うた)

北見恭子について

小学校3年山形放送「花の民謡相撲」ラジオコンテスト入賞。高校2年山形放送「ミス民謡コンクール」優勝。 昭和48年 「夏の夜祭り」でコロムビアよりデビュー 。昭和54年 作曲家船村徹先生に師事以来漁船海難遺児チャリティー活動を続ける。 昭和60年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し水産庁長官賞受賞。 平成2年 第23回全日本有線放送大賞「特別賞」受賞 。平成5年 第1回水産ジャーナリストの会「年度賞」受賞 。 平成10年 漁船海難遺児チャリティー活動に対し農林水産大臣より感謝
北見恭子の人気歌詞
紅の舟唄

この舟が 酒田港に 着くまでは わたし ...

あなたが帰る港町

青い波止場に 汽笛も高く 船が近づきゃ ...

おんな船唄

船が出る日は 指までやせる 「可哀想に ...

小倉恋日記

嘆くまい 嘆くまい いずれの日にか 忘 ...

鈍行夢列車

おまえさん 後ろへ走っているのかと 特 ...

大漁華しぶき

波をけちらし 港に入る 船に五色(ごし ...

おんな夢

忘れることが できない人は きっとわた ...

望郷月夜

都会暮らしの 寂しさに みちのく津軽が ...

オホーツク流れ唄

こんなボロ船を 形見に残すから あとを ...

恋双六

惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の ...

恋双六(こいすごろく)

惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の  ...

さみしがり

男ぎらいを 通せるもんか 私の女が 愚 ...

浪花の月

今日の飯(めし)より 明日(あした)の夢 ...

六十里越え

霧が深くて 月山が見えぬ 山がみえなき ...

あがらっしゃい

よしず囲いの 屋台を叩く 霙まじりの ...

出世船唄

出船の舳で 一升壜[いっしょうびん]が ...

こころ妻

あなたの残した 吸い殻を かぞえる女に ...

淋しいね

別れたあいつの 名前をつけた 猫を呼ん ...