youthful diary 歌詞

歌:上木彩矢

作詞:上木彩矢

作曲:平賀貴大

―3年目の春―
日曜日の午後 降り出す気配もなく晴れわたる空
長くなった髪も 包みこむその手も 遠い日の面影はどこにもない

あなたの後ろ姿 しがみついて風を切り 走り抜けた
今もまだ覚えてる Do you remember?

駆けぬけてた高鳴ってた輝いてた あの日の記憶
初めてだった繋いだ手も 不器用で少し強引だったね
たぐり寄せて眠る いつの日にかyouthful diary

それぞれの花と 別々の道を こんなにも遠くまで歩いてきた
振り向くこともなく ただひたすら前を追い求めては戸惑う足元

あなたの優しさだけが時々ちらついては消える
今もまだ覚えてる Do you remember?

切なかった愛しかった手を離した あの日の記憶
傷つけては目を伏せて 言葉も交わさず投げ出した
たぐり寄せて眠る いつの日にかyouthful diary

駆けぬけてた高鳴ってた輝いてた あの日の記憶
初めてだった繋いだ手も 不器用で少し強引だったね
たぐり寄せて眠る いつの日にかyouthful diary

ずっと…
切なかった愛しかった手を離した あの日の記憶
傷つけては目を伏せて 言葉も交わさず投げ出した
たぐり寄せて眠る いつの日にかyouthful diary
上木彩矢の人気歌詞
ピエロ

桃色に 染まりゆく 東雲を追いかけて ...

Are you happy now?

いつものあのバス停で別れ告げた あ ...

THE FINAL JOURNEY

陰謀説存在 あいも変わらず 煮え切らな ...

SUNDAY MORNING

陽のあたる坂道を一人歩いていた 街中は ...

フレンズ

Dear my フレンズ・・ いつまで ...

もう君だけを離したりはしない

逢いたくて せつない夜には 風を感じて ...