ai ta 心 歌詞

歌:UVERworld

作詞:TAKUYA∞

作曲:TAKUYA∞

遠く儚いものに one chance 消えてくただ Hey baby,Don't stop lovin' 苦しいほど愛しい
flash back 好きだった言葉 play back 心助けてと always いつも抱きしめてた言葉を

マジな 恋愛だからこれしかない
今も one love 他のに映らない
俺のファーストクラス常にtopクラス

I believe that I can fly so high (僕は高く飛べると信じてる)

before one night

永久さえ感じた あの日はもう
届かない程遠い 伝えたい言葉も 曖昧にしたまま

過ごした時間がうすれるごとに 離れてく気持ち

プレイバック 愛しのcat聞いてよ オレが手にするものは
偉大なスケール 一律旋律 ほかにはないフレーズ
その先が照らす 真実なら―つまさに
これ理解するお前がいる立ち止まれば背中押してくれ
心からの礼だけ言いたくて夢かなえばオレのそばに

すれ違った人のにおいや 季節や景色
町を歩いて聞こえてくる歌でさえも
どこにだって君を感じて愛しさが増す
叶わないものだとしても 忘れたくないから
感じていよう

before one night
孤独を感じた 曖昧にしたままの すれちがった言葉さえ
before one night
拾い集めても 冷たい風が吹き出す 君の後ろ姿から

プレイバック 愛しの cat 聞いてよ オレが手にするものは
偉大なスケール 一律旋律 ほかにはないフレーズ
その先が照らす 真実なら―つまさに
これ理解するお前がいる立ち止まれば背中押してくれ
心からの礼だけ言いたくて夢かなえばオレのそばに

すれ違った人のにおいや 季節や景色
町を歩いて聞こえてくる歌でさえも
どこにだって君を感じて愛しさが増す
叶わないものだとしても 忘れたくないから
愛しすぎてすれ違って傷つけあったり
飽きれる位 笑い合った日々
どこにだって君を感じて愛しさが増す
叶わないものだとしても忘れたくないから
感じていよう

ai ta 心について

「ai ta 心」は、UVERworldが2005年7月6日にリリースしたデビューシングル「D-tecnoLife」のカップリングです。

UVERworldについて

2005年  7月、「D-tecnolife」でメジャー・デビュー。  オリコン4位を記録、15万枚を売り上げ、一躍注目を浴びる。  10月には2nd Single[CHANCE!」をリリース、オリコン5位を記録する。 《メンバー》 ・TAKUYA∞  1979年12月21日生まれ  ボーカル・プログラミング(作詞作曲も担当) ・克哉(リーダー)  1980年2月22日 生まれ  ギター・コーラス ・彰  1984年3月8日生まれ  ギター・コーラス ・信人  1980年2月14日生まれ  ベース ・真太郎  1983年11月5日 生まれ  ドラム(ex. Double Impact)
ai ta 心 のCD・楽譜
UVERworldの人気歌詞
AS ONE

理想と闘争心の手綱を締め引き寄せてく ...

THE OVER

最後まで 嘘ついてまで 一人になろうとす ...

君の好きなうた

好きだよと 今日も言えないまま見送った ...

激動

研ぎ澄ます eyes 聞き飽きたフレー ...

SHAMROCK

あの日僕が握りしめてた夢 今はここにあっ ...

Φ CHOIR

ねぇ Baby この世界は汚れて見えるけ ...

OXYMORON

どんなに近くに居ても それでも目すら合わ ...

Fight For Liberty

Just WAR Fight fo ...

Colors of the Heart

あの日僕の心は 音もなく崩れ去った 壊 ...

在るべき形

I wanna be myself 幸せ ...

クオリア

It's time now See me ...

儚くも永久のカナシ

愛が愛を「重過ぎる」って理解を拒み 憎 ...

PRAYING RUN

Keep on praying(祈り続け ...

一滴の影響

許せば進めるし 恨みは立ち止まらす あ ...

コロナ

60兆の 僕を担う全ての視覚的細胞を 燃 ...

CHANCE!

It's chance chance c ...

D-tecnoLife

癒えない 痛み 悲しみで キズついた君よ ...

First Sight

話せるだけでよかったのに 繋がるだけでよ ...

Touch off

FIRE あと幾つの自由を さぁ ...

Don't think.Feel

好きなようにやれ そして俺に指図をするな ...