AKIRA 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

夕焼けに向かって走って行くあいつの姿が忘られぬ
カッコ悪い事が大嫌いで自分に信念をもっていた
えらい大人になんか なりたくない
強い男をめざすと言い切った
その時AKIRAの頼りがいのある背中でいなずまが光った
いつまでも友達でいよう 大きくなっても親友でいよう
シュロの木の下で かげろうがゆれている
どこへ行くのも あいつが守ってくれる
ひっこみ思案の 僕が変わる
時々サイフから くすねられても
友情のあかしと言う事になる
AKIRAはYOKOが好きらしい
YOKOは頭の悪いやつがキライ
しょせん女は愚かだと呟いてトイレで悩んでいる姿を見た
いつまでも友達でいよう大きくなっても親友でいよう
シュロの木の下を風が吹いている

AKIRAは男の中の男だからオチンチンも大きくてかっこいい
でもある日皆で見せっこしたら
JOEはYOKOのヒモだとの噂
どうやら二人は出来てるみたいで
AKIRAはふてくされて百日咳になる
オチンチンも ますます しぼんでいく
いつまでも友達でいよう 大きくなっても親友でいよう
シュロの木の下で かげろうがゆれている
お父さんは何をスル人なんだろう
陽にやけた広いおでこがこわい
謎にみちたAKIRAんちの家族
大きなオッパイの姉さんも気にかかる
あいつは姉さんとも お風呂に入るらしい 僕が「変だよ」と言うと
「オヤジと入るお前が変なんだ」と言われて何となく納得できた
いつまでも友達でいよう そう大きくなっても親友でいよう
シュロの木の下を風が吹いている

弱虫な僕をかばってAKIRAが いつも身代わりになる
倒されて にらみつけると YUJIROの映画のようだった
来年は僕らも小学生になる
でも同じ学校へは行かないだろう
「俺はもっと男をみがくから お前は勉強にはげめ」と言われた
尊敬するAKIRAとも お別れだ
自信は無いけど 一人でやってみよう
夕陽に向かって走って行く あいつの姿を忘れない
生きていく事に とまどう時 夢に破れ さすらう時
AKIRAがついているさ AKIRAはそこにいるさ
シュロの木は今も 風にゆれている
シュロの木は今も 風にゆれている
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

SAKURA

歌:いきものがかり

さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れ ...

欠落オートメーション

歌:ONE OK ROCK

いつ どんな時 どんなタイミングで 僕 ...

どんなときも。

歌:槇原敬之

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

歌:スピッツ

忘れはしないよ 時が流れても いたずら ...

青い春

歌:back number

教えられたものだけじゃ いまいち完成しな ...

SHAKE

歌:SMAP

きょう会わない?ってキミの電話 ボクも ...

Flowerwall

歌:米津玄師

あの日君に出会えたそのときから 透明の血 ...

怪獣のバラード

歌:童謡・唱歌

真赤な太陽 沈む砂漠に 大きな怪獣が ...

GO

歌:BUMP OF CHICKEN

歩くのが下手って気付いた ぶつかってばか ...

05410-(ん)

歌:RADWIMPS

Wake me up wake me u ...

吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...