永遠の嘘をついてくれ 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

ニューヨークは粉雪の中らしい
成田からの便はまだ まにあうだろうか
片っぱしから友達に借りまくれば
けして行けない場所でもないだろうニューヨークぐらい
なのに永遠の嘘を聞きたくて
今日もまだこの街で酔っている
永遠の嘘を聞きたくて
今はまだ二人とも旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ
この国を見限ってやるのは俺のほうだと
追われながらほざいた友からの手紙には
上海の裏街で病んでいると
見知らぬ誰かの下手な代筆文字
なのに永遠の嘘をつきたくて
探しには来るなと結んでいる
永遠の嘘をつきたくて
今はまだ僕たちは旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
一度は夢を見せてくれた君じゃないか

傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
やりきれない事実のかわりに
たとえくり返し何故と尋ねても
振り払え風のようにあざやかに
人はみな望む答えだけを聞けるまで
尋ね続けてしまうものだから
君よ永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
出会わなければよかった人などないと笑ってくれ
君よ永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
出会わなければよかった人などないと笑ってくれ



吉田拓郎について

和製ボブディランと呼ばれ、70年代に一世を風靡した偉大なるシンガーソングライター。 鹿児島生まれだが55年に広島に転居。広島商科大卒。70年に上京し、同年「イメージの詩」でデビュー。72年「結婚しようよ」が大ヒット。「フォークの神様」と呼ばれた。74年に森進一に提供した「襟裳岬」が日本レコード大賞受賞。86年12月に女優森下愛子と結婚。
吉田拓郎の人気歌詞
今日までそして明日から

私は今日まで 生きてみました 時には誰 ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ある雨の日の情景

バスが止まって[並木道に]外は雨がふって ...

唇をかみしめて

ええかげんな奴じゃけ ほっといて くれ ...

午前0時の街

そよぐ風が僕の髪を通りすぎて 街がいつ ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

祭りのあと

祭りのあとの 淋しさが いやでも やっ ...

落陽

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線から ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

シンシア

なつかしい人や町をたずねて 汽車を降り ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

たどり着いたらいつも雨降り

疲れ果てている事は 誰にも隠せはしない ...

恋唄

あなたのくちびるの風と雨 あなたのまな ...

元気です

誰もこっちを向いてはくれません 一年目 ...