ペニーレーンでバーボン 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

時がたってしまうことを
忘れてしまいたい時があるよね
すべてのものがなにもかも
うつりかわってはいるものの
何となく自分だけ意地をはり通して
さからってみたくなる時があるよね
そんな時僕はバーボンを抱いている
どうせ力などないのら
酒の力を借りてみるのもいいさ
こうして今夜も原宿ペニーレインで
原宿ペニーレインで飲んだくれてる
ペニーレインでバーボンを
ペニーレインでバーボンを
今夜もしたたか酔っている

恋人の顔なんて
思い出したくない事があるよね
まして逢いたくなる程の
気持ちもわかない一日なら
自分ひとりで歩いていたい
表参道ならなおいいさ
そんな時僕はバーボンを抱いている
どうせ力などないのら
酒の力を借りてみるのもいいさ
こうして今夜も原宿ペニーレインで
原宿ペニーレインで飲んだくれてる
ペニーレインでバーボンを
ペニーレインでバーボンを
今夜もしたたか酔っている

テレビはいったい誰のためのもの
見ている者はいつもつんぼさじき
気持ちの悪い政治家どもが
勝手なことばかり言い合って
時には無関心なこの僕でさえが
腹を立てたり怒ったり
そんな時僕はバーボンを抱いている
どうせ力などないのら
酒の力を借りてみるのもいいさ
こうして今夜も原宿ペニーレインで
原宿ペニーレインで飲んだくれてる
ペニーレインでバーボンを
ペニーレインでバーボンを
今夜もしたたか酔っている

あまりに外は上天気すぎて
雨のひとつも欲しくなり
こんな天気は僕には似合わないんだと
肩をすぼめて歩く時
陽気に生きて行く事が
何だかみっともなくもなるよね
そんな時僕はバーボンを抱いている
どうせ力などないのら
酒の力を借りてみるのもいいさ
こうして今夜も原宿ペニーレインで
原宿ペニーレインで飲んだくれてる
ペニーレインでバーボンを
ペニーレインでバーボンを
今夜もしたたか酔っている

みんなみんないいやつばかりだと
おせじを使うのがおっくうになり
中にはいやな奴だっているんだよと
大声で叫ぶほどの勇気もなし
とにかく誰にも逢わないで
勝手に酔っ払っちまった方が勝ちさ
そんな時僕はバーボンを抱いている
どうせ力などないのら
酒の力を借りてみるのもいいさ
こうして今夜も原宿ペニーレインで
原宿ペニーレインで飲んだくれてる
ペニーレインでバーボンを
ペニーレインでバーボンを
今夜もしたたか酔っている
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

嫌いになれたら

歌:YU-A

嫌いになれたらいいのに… 泣きたくない ...

恋音と雨空

歌:AAA

「好きだよ」と伝えればいいのに 願う先 ...

瑠璃色の地球

歌:松田聖子

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツ ...

大きな玉ねぎの下で ~はるかなる想い~

歌:爆風スランプ

ペンフレンドの二人の恋はつのるほどに ...

MR.WHITE

歌:NEWS

I gotta...Do it now ...

木枯しに抱かれて

歌:小泉今日子

出逢いは風の中 恋に落ちたあの日から ...

GIFT

歌:Mr.Children

一番きれいな色ってなんだろう? 一番ひ ...

Linda

歌:家入レオ

壊したい あの娘たちの笑顔を 「友情」と ...

ray

歌:BUMP OF CHICKEN

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

フレンズ

歌:レベッカ

口づけをかわした日は ママの顔さえも見 ...

吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...