途中駅 歌詞

歌:五木ひろし

作詞:麻生香太郎

作曲:西島三重子

なんにも云わなくても いいんだよ
顔を見りゃおまえの 線路のむこうから
哀しい汽笛が きこえるよ
頬に書かれた ふしあわせ
すこしやつれた みたいだね
雪どけの頃まで 暮らして行かないか
いちどはとぎれた 糸だけど
ふたりでたぐる 歳月を かじかむ指に
まきつけて みつめてる

死ぬまで惚れあうなんて できないさ
移り気な心に 気づいたその日から
だれでもひとりで 旅に出る
俺はおまえの 途中駅
乗りすごしても いいんだよ

雪どけの頃まで 暮らして行かないか
いちどはとぎれた 糸だけど
ふたりでつなぐ ビーズ玉
不安な指に 想い出が 光ってる

雪どけの頃まで 暮らして行かないか
いちどはとぎれた 糸だけど
ふたりでたぐる 歳月を かじかむ指に
まきつけて みつめてる
五木ひろしの人気歌詞
よこはま・たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 ...

山河

人は皆 山河に生まれ 抱かれ、挑み、 ...

愛の始発

川は流れる橋の下 まるで二人の恋のよう ...

夜明けのブルース

このグラス飲みほせば帰ると 言えばお前が ...

長良川艶歌

水にきらめく かがり火は 誰に想いを ...

暖簾

心にポツンと 寂しさの明りが灯る や ...

越前有情

秘かな想いを 鶺鴒に 託してかいた あ ...

契り

あなたは誰と契りますか 永遠の心を結び ...

夜空

あの娘 どこに居るのやら 星空の続く ...

紫陽花

降りしきる 冷たい雨にぬれながら 色を ...

おまえとふたり

わたしは 不幸ぐせ とれない女と この ...

夢しずく

いのちを刻む 恋もある さだめに捨てる ...

ふたりの旅路

つらい別離が あるのなら いっそ死にた ...

倖せさがして

あなたのために 生まれてきたのと おま ...

さくら音頭

ハァー (ア ヨイショ) さくら咲いた ...

夢の浮き橋

泣いて生きるか 燃えつつ死ぬか どっち ...

汽笛

粉雪舞い込む 北国の駅 襟を立てても ...

思い出の川

古き川のほとり 思い出は きりなく流れ ...

おしどり

夢でかくした 心の寒さ 春の陽ざしを ...

九頭竜川

大河(たいが)もたどれば 滴(しずく)か ...