母人よ 歌詞

歌:五木ひろし

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

海が母なれば この空は父のごとく
この世に授かった わが身の尊さよ
めぐる四季だけが 生きている道標ならば
せめて夢に咲き 老いて星に散れ
母人よ いまも恋しく 花に似た
優しき あなたの匂い
時よ つれて帰れ
あなたのあたたかき胸に

人の儚さは 朝露に生まれ落ちて
夕べは悲しみの 涙に暮れてゆく
熱きこの胸も いつの日か雪に凍り
今日を何故急ぎ どこへ帰るのか

父人よ いまだ未熟で
盛夏の日の 青雲より あなたは高く
時よ 語りかけて
あなたの教えのように…

母人よ いまも恋しく 花に似た
優しき あなたの匂い
時よ つれて帰れ
あなたのあたたかき胸に

あなたのあたたかき胸に

五木ひろしについて

1970年「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜き注目される。翌1971年「五木ひろし」と改名し「よこはま・たそがれ」が大ヒット。1973年「夜空」1984年「長良川艶歌」で2度の日本レコード大賞を受賞。一躍ミリオンセラー歌手となる。
母人よ のCD・楽譜
五木ひろしの人気歌詞
山河

人は皆 山河に生まれ 抱かれ、挑み、 ...

契り

あなたは誰と契りますか 永遠の心を結び ...

よこはま・たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 ...

夜明けのブルース

このグラス飲みほせば帰ると 言えばお前が ...

ふるさと

祭りも近いと 汽笛は呼ぶが 荒いざらし ...

春夏秋冬・夢祭り

ハアー 一つ 人より ひたむきに 夢は ...

千曲川

水の流れに 花びらを そっと浮かべて ...

暖簾

心にポツンと 寂しさの明りが灯る や ...

おまえとふたり

わたしは 不幸ぐせ とれない女と この ...

デュオしのび逢い

(男)きれいな瞳をして あまえてすがる ...

よこはま たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 ...

倖せさがして

あなたのために 生まれてきたのと おま ...

長良川艶歌

水にきらめく かがり火は 誰に想いを ...

長崎から船に乗って

長崎から船に乗って 神戸に着いた ここ ...

そして…めぐり逢い

語りあかせば 尽きないけれど 過ぎてみ ...

夜空

あの娘 どこに居るのやら 星空の続く ...

居酒屋

(男)もしも きらいでなかったら ...

おしどり

夢でかくした 心の寒さ 春の陽ざしを ...

和み酒

舞い散る桜の 派手さはないが 春を知ら ...

細雪

泣いてあなたの 背中に投げた 憎みきれ ...