貝殻恋唄 歌詞

歌:成世昌平

作詞:もず唱平

作曲:聖川湧

波の彼方に 隠岐の島
飛魚(アゴ)が跳ねとぶ 日本海 日本海
あぁ 恋しさに 涙が落ちる
幾年(いくとせ)の悔いを重ねて昨日今日
想い出すんだ お前と歌った貝殻節を・・・

<民謡> 何の因果で貝殻漕ぎなろた
カワイヤノ カワイヤノ

境港に 戻る船
つれて帰れよ このオレを このオレを
あぁ 心妻 どうして待てぬ
この春に 親に先立ち逝ったとか
聴いておくれよ 手向けにひと節 妻恋い唄を・・・

あぁ ふるさとは 青葉の頃か
あの人の 顔に似ている白い雲
詫びのつもりだ 歌ってみようか貝殻節を・・・
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...