願い星 歌詞

歌:SHOWTA.

作詞:川村真澄

作曲:山口寛雄

僕のすべてだけじゃ
足りないんだ たぶん
切りすぎた爪が 痛いくらい
ぎゅっと 手を握った

君を想うだけで
胸に閉じ込めてた
数えきれない 気持ちが今
空に昇ってく

消えそうな 星が見えるよ
君の視線 たどった

右の肩と左の肩
離れないように並んでる
違う願い 同じ切なさで
伝えたくて 届かなくて
声にはならない言葉を
僕は抱きしめているよ
星空の下で

川を渡ってくる
風の中 かすかに
どこからか 遠い街の花火
音だけ聴こえた

笑わせようとして
はしゃいでみせたけど
君は本当は 泣きたかったの
わかっていたけど

ゆっくりと歩いてゆこう
いつもそばにいるから

右の頬と左の頬
重なることなどないけれど
温かさは辛いほどわかる
かなえたくて かなわなくて
こわれそうな その言葉を
僕は守り続けるよ
星空の下で

右の肩と左の肩
ため息で 少し揺れている
小さな夢 遠いねがい星
見つめないと 消えてしまう
輝きのような言葉を
僕は抱きしめているよ
星空の下で
願い星 のCD・楽譜

SHOWTA.の人気歌詞
光のゲンちゃん

1000年の 時を超えて 平安京から ...

午前2時のエンジェル

このままじゃ ぎこちない風 どんどん二 ...

観覧車は回る

「今度一緒に乗ろうよ」と君は言った そ ...

えくぼ

この東京の空 たくさんの逢いたい 出逢 ...

Trans-winter~冬のむこう側~

もしも未来がないとしたら 今日全てが終 ...

ひとしずく

わがままを押し殺して キミはいつでも 微 ...

ホタル

逢いたさを 願うたび 光を解き放つは ...

雪の音

ね、心は弱いけど 何度でも 生まれ変わ ...

君に、風が吹きますように

まわれまわれ どんなときも 君に風が吹 ...