最北航路 歌詞

歌:香西かおり

作詞:池田充男

作曲:あらい玉英

北の最はて 船追いかけて
カモメ一羽が ついて来る
振り切れ 振り切れ 恋みれん
砕けて 砕けて 沫(あわ)になれ
いまも切なく わたしの胸に
残るあなたを 捨てにゆく

好きな想いが 恨みにかわる
こんな悲しい ことはない
どうして どうして 出る涙
女の 女の 意気地なさ
クイン宗谷の デッキにひとり
鉛いろした 沖を見る

利尻まわりの ちいさな旅路
あれは礼文の 島かげか
振りきれ 振りきれ なにもかも
東京 東京 ふり向くな
せめて今夜は 静かな宿で
夢を みないで 眠りたい

香西かおりについて

昭和49年 11才の頃より民謡教室に通う。昭和50年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール入賞。昭和51年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール準優勝。 昭和56年 第四回NTV日本民謡大賞優秀賞受賞。 昭和56年12月~昭和59年12月CBSソニ-で専属歌手契約を結び民謡のシングルを3枚発売。昭和57年 高校卒業後、太陽神戸銀行入社。昭和61年 上京、作曲家 聖川 湧氏に師事、演歌の勉強に取り組みデビューに備える。 昭和63年 5月25日 『雨酒場』にてデビュー。 
最北航路 のCD・楽譜
香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

契り酒

逢えば情けが 深くなる 逢わなきゃ あ ...

すき

見慣れた街角にも 季節はめぐるのに 心 ...

潮岬情話

沖へゆくのは 佐吉の舟よ 今朝は別れて ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

小夜しぐれ

ぽつり灯った 路地あかり 傘を持つ手に ...

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わ ...

とまり木夢灯り

貴方の夢に 虹をかけたい 一緒に渡ると ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

あなたへ

出会う事も恋におちる事も 思いもせずに ...

あゝ人恋し

こんな夕暮れは いつも思い出す さざん ...

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数 ...

夢吹雪

純(うぶ)な女は 可愛いけれど 純じゃ ...

風恋歌

逢わずに行こうか 顔みて行こか こころ ...

望郷十年

遠い夕陽に 哭く木枯らしが 胸であなた ...

思案橋ブルース

哭いているような長崎の街 雨に打たれて ...

岬宿

いつのまにやら チラチラと 点る灯りが ...

京の送り火

死ぬも生きるも あなたとふたり 愛を結 ...