窓 歌詞

歌:前川清

作詞:荒木とよひさ

作曲:徳久広司

女性(おんな)ひとりで 生きることより
もっと淋しく させるのは
窓に差し込む 寒い黄昏 急に涙こぼれる
声かける人が そばにいて
平凡な暮らし していたら・・・
胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない
愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ
Ah・・・ありふれた恋話(はなし) それも人生

林檎剥(りんごむ)く指 怪我をするより
もっと痛みが 走るのは
服を着替える 寒いこの部屋
灯点(つ)けて出かける
置手紙書いて 残しても
紙屑になって しまうだけ・・・
都会(まち)のネオンに
泳ぐ気持ちは あなたしか知らない
愛はいつでも ただの借り物 返す日がくるだけ
Ah・・・ありふれた終幕(おわり) それも人生

胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない
愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ
Ah・・・ありふれた恋話(はなし) それも人生

前川清について

1969年内山田洋とクールファイブのヴォーカルとして 「長崎は今日も雨だった」でデビュー。 その後「そして神戸」・「中の島ブルース」 ・「東京砂漠」などが、大ヒット。 1987年よりソロ活動を開始し、 「花の時・愛の時」・「男と女の破片」のヒットを飛ばす。 2002年6月5日テイチクレコードより福山雅治プロデュースによる新曲「ひまわり」を発売。2003年・デビュー35周年の第一弾を飾る新曲は、五木寛之氏が作詞を手掛けた「夜間飛行」。
窓 のCD・楽譜
前川清2009年全曲集
【収録曲】・悲しい街さ~TOKYO~・恋唄(コイウタ)-2007-・東京砂漠長崎は今日も雨だったそして神戸よろこびの予感ひまわり・愛と戯(たわむ)れの隣りに…・せめて今夜だけはおいしい水・故郷(ふるさと)の花のように・男と女の破片(かけら)・桜のやうに・さよならは言えない・昔があるから

前川清の人気歌詞
長崎は今日も雨だった

あなたひとりに かけた恋 愛の言葉を  ...

花の時・愛の時

君が部屋を出たあと ぼくはじっと動かない ...

中の島ブルース

赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く ...

ひまわり

夢を見ていました あなたと暮らした夏 ...

東京砂漠

空が哭いてる 煤け汚されて ひとはやさ ...

そして、神戸

神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた ...

男と女の破片

抱かれたら終る 男と女より 手枕のまま ...

雪列車

匂うように 笑うように 雪が降る 白い ...

逢わずに愛して

涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かな ...

忘れようと 心を決めたのは ひと足の途 ...

神戸

トンネルをくぐりぬけ 降りたつ駅は ド ...

恋するお店

盛り場地図で 場末のはずれ 見落としそ ...

さようならの彼方へ

振り返れば 翼の下で町の灯が 揺れて燃 ...

せめて今夜だけは

せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴 ...

恋さぐり夢さぐり

そんな辛(つら)い顔して 私を抱かない ...

愛がほしい

ああ雨の夜は 誰か酔わせてください あ ...

噂の女

女心の悲しさなんて わかりゃしないわ  ...

愛と戯れの隣りに…

悲しい女は 涙が本当は友達 あなたに飛 ...

別れ曲でも唄って

それを愛だと信じて 抱いてもらえば哀しい ...

薔薇のオルゴール

やっと忘れかけた頃に こんな風に逢いに ...