京の送り火 歌詞

歌:香西かおり

作詞:秋浩二

作曲:杉本真人

死ぬも生きるも あなたとふたり
愛を結んだきぬぎぬの
別れ惜しんで頬沿い
涙が流れて止まらない
鴨川抜けりゃ 路地の提灯りが
消えて消えて 淋しい雲母坂

※ 聞こえますか わたしの叫び
寂しく微笑む わたしの顔が
聞こえますか わたしの叫び
忘れることなど 出来はしないわ
昨夜のくちづけを

今宵はあなた 何処をさ迷い
口紅染める肌の下
眠りつけずに部屋を出て
あなたを探して木屋町へ
夜空を焦がす 送り火のように
わたしわたし 情念が滾ります

聞こえますか わたしの声が
あなたを呼んでる わたしの声が
聞こえますか わたしの声が
命の炎が 燃えつきるまで
貫く恋心

(※くり返し)
香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

恋慕川

泣いてすがった この手をほどき あなた ...

恋みれん

「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言 ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命(さだめ ...

TOKIO千一夜

逢いたい逢えない いいえ逢いたい 溜め ...

やっかいもの

あいつの生まれは 深川あたり 隅田川行 ...

宇治川哀歌

遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走って ...

新湊慕情

好きで添えない二人なら 何んで逢わせた ...

あなたへ

出会う事も恋におちる事も 思いもせずに ...

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の ...

くちなし悲歌(エレジー)

忘れていた 夢を見たのよ あなたに ま ...

浮寝草

好きになるのは 悲しいことと 知った ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

東京ブルース

泣いた女がバカなのか だました男が悪い ...

かおりの夢は夜ひらく

右へ曲がれという道を 左へ曲がって ...

春陽炎

桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 ...

居酒屋「敦賀」

外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶 ...