宵待草 歌詞

歌:藤あや子

作詞:小野彩

作曲:小野彩

長い黒髪 優しく触れて
ひと夜の夢を くれた人
叶わぬ恋と あきらめて
涙で 涙で 手酌酒
女の意地を 守ってきたけれど
ああ 崩れてしまいそう
雨に濡れてる 宵待草

愛を探して 訪ねて来たの
虚(うつ)ろう心 抱きしめて
川面に浮かんだ 朧(おぼろ)月
涙で 涙で 揺れている
女の胸に 想い出置いたまま
ああ 残していかないで
夜に迷い散る 宵待草

つのる想いを 心に秘めて
明日を信じた みれん花
交わしたお酒に 酔いながら
涙を 涙を 流したい
女の幸せ その手で暖めて
ああ 咲かせて欲しいのよ
春を待つ身の 宵待草
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...