僕のキモチ 歌詞

歌:WaT

作詞:WaT

作曲:WaT

君に贈るよ
僕からの このキモチ
ありのまま 伝えたい
白く光る季節を添えて

移り変わる季節は
北寄りの風に流されて
気が付けば今年の終わりに
残されたイベントが一つ
いつもより少しだけ
はしゃいでいる君を横目で
気後れ気味の僕はなんとなく
一歩引いて見てた
ひらひらと雪が舞う頃には
そんな君がなぜか愛しくて
僕は君に感謝してるのさ
うまく言えないけど


そして僕の願いは
君が笑う そのことが
何よりもただうれしくて
君に贈るよ
僕からの このキモチ
ありのまま 伝えたい
白く光る季節を添えて

飾られた街並みに
いつしか気持ち踊らされて
特別が苦手な僕でも
演出を試みたりして
日常に追われてる
僕も今日は君のためだけ
ささやかな何かを贈ろうと
思いめぐらせた
ひらひらと雪が舞う頃には
二人で歩く夜 並木道
いつの間に灯るイルミネーション
光に染まる街
そんな二人の季節
君が笑う それだけを
僕はただ見ていたくて
今日だけじゃなく
毎日が 君だけに
特別で いつまでも
このキモチは季節を越えて

「僕が君を守る」とか
簡単には言えないけど
僕は君と向き合うより
同じ未来二人向いていたい

☆ repeat

Lalala・・・
WaTの人気歌詞
夢の途中

僕は僕のままで 今も夢の途中 真 ...

ボクラノLove Story

初めて行った君とのデートは 海の見える ...