天地無用 歌詞

歌:坂本冬美

作詞:松井由利夫

作曲:岡千秋

幾つあっても 足りない命
バカを言うなよ 命はひとつ
明石 荒塩 ひとつまみ
酒の肴に 酌みかわす
俺とお前の この盃は
天にも地にも ただひとつ

箍が緩んだ 手桶の水は
いくら注ごうと たまりはしない
人のこころも 同じこと
女ごころは なおのこと
胸にきざんだ 男の夢は
天にも地にも ただひとつ

辛いときほど 値打ちがわかる
南部鉄びん 男の絆
意地は立てても こめかみに
筋を立てれば勇み足 勝負どころで
打つ手はひとつ
天にも地にも ただひとつ

坂本冬美について

NHK「勝ち抜き歌謡天国」(和歌山大会)で名人となる。審査員・猪俣公章氏に認められ、86年4月上京。内弟子として11月まで過ごす。87年「あばれ太鼓」でデビュー。88年第39回NHK紅白歌合戦「祝い酒」で初出場。
坂本冬美の人気歌詞
また君に恋してる

朝露が招く 光を浴びて はじめてのよう ...

夜桜お七

赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる ...

祝い酒

浮世荒波 ヨイショと越える 今日はおま ...

俺でいいのか

惚れた男(あんた)の ためなら死ねる ...

あばれ太鼓

どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも ...

喝采

いつものように幕が開き 恋の歌うたうわ ...

男の火祭り

日本の男は 身を粉にして働いて 山に海 ...

火の国の女

肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ ...

羅生門

どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいる ...

幸せハッピー

大切なものは何だと 聞かれて考えた よ ...

さよなら小町

別れっぷりが おとなだなんて おだてら ...

ずっとあなたが好きでした

冬の陽だまり ふと翳す手が 落葉のよう ...

恋鼓

外に篠突く 雨音続く 燃え立つ心 諌め ...

能登はいらんかいね

欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手 ...

白い冬

一人で想う 秋はもう深く 過ぎされば ...

冬美のソーラン節

網を引け引け 網を引け まだまだ引け引 ...

風に立つ

青嵐に吹かれて 胸をはる 日もあれば ...

雨の慕情

心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えて ...

忘却

最後の夜も 同じ街角で 思い出はもう ...

桜の如く

どんな試練が 待ちうけようと 夢はつら ...