未だ遠い道 歌詞

歌:一世風靡SEPIA

作詞:セピア

作曲:セピア

宵は時折の滲む光掻き消し
星の囁き聞く度ふと振り向く
けれどこれからも歩く行方見ずに
漂よう果て迄やけに切なく
ああ二人暮れる日々を黄昏の影を寄せて
時を刻むだけで繰り返す日々を屹度恨むさ

遥か遠く迄も重い足引き摺り
寄り添う肩と肩夕闇背にして
ああ淡い夢も終り輝く日々忘れ
それでも辿りの果て行く方見えないまま遠く
微かに瞳覆う二人には未だ見えない
遠い道目を凝らして俺は行くさ君と
一世風靡SEPIAの人気歌詞
前略、道の上より

素意や 素意や~ 咲きほこる花は散 ...

花鳥風月

目の前を過(よ)ぎった 総てに背を向けて ...

SHIBUYA

人の波の中を お前の手を引いて 俺の街 ...