戻ってきた恋人 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:安井かずみ

作曲:吉田拓郎

あの晩
君は裸足でやってきた
悲しそうな眼をして
わけも言わずに座りこんだまま
小花もようの長いスカート
僕は黙って熱いコーヒー作ってあげた
そのうち
君がポツポツ話し出すまで

あの晩
君は泊ってゆくつもり
昔よくしたように
勝手知ってる僕のアパートで
小指の指環いじりながら
僕は何だかそんな気がしていたけれど
やっぱり
君はあいつと別れてきたんだ

あの晩
君は裸足で飛び出した
とりつかれた眼をして
わけを聞きたい僕を残したまま
小雨もようの長い夜だった
僕は決して君を許さないと思ったけれど
いつかは
君がこうして戻ってくると

何となく

吉田拓郎について

和製ボブディランと呼ばれ、70年代に一世を風靡した偉大なるシンガーソングライター。 鹿児島生まれだが55年に広島に転居。広島商科大卒。70年に上京し、同年「イメージの詩」でデビュー。72年「結婚しようよ」が大ヒット。「フォークの神様」と呼ばれた。74年に森進一に提供した「襟裳岬」が日本レコード大賞受賞。86年12月に女優森下愛子と結婚。
戻ってきた恋人 のCD・楽譜

吉田拓郎の人気歌詞
今日までそして明日から

私は今日まで 生きてみました 時には誰 ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

唇をかみしめて

ええかげんな奴じゃけ ほっといて くれ ...

落陽

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線から ...

午前0時の街

そよぐ風が僕の髪を通りすぎて 街がいつ ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

元気です

誰もこっちを向いてはくれません 一年目 ...

夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

祭りのあと

祭りのあとの 淋しさが いやでも やっ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

たどり着いたらいつも雨降り

疲れ果てている事は 誰にも隠せはしない ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

どうしてこんなに悲しいんだろう

悲しいだろう みんな同じさ 同じ夜をむ ...

シンシア

なつかしい人や町をたずねて 汽車を降り ...

加川良の手紙

拝啓 僕はとっても残念でした あの日、 ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...