僕を呼び出したのは 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:石原信一

作曲:吉田拓郎

大人になるのは 死ぬことなのと
痩せた身体を 投げ出した君
激しい河に 流されまいと
夜に震えて しがみついてた

ささくれだった 硝子の街を
ふたり素足で 歩き続けた
おんなじ痛みを 感じることが
恋することと 雨に打たれた

残酷な季節だったと
目の前の人が笑うよ
あれからはどうしていたの
風のなか 想い出してた

※少しはぐれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しねじれたけれど 今日まで生きてきたよ
僕を呼び出したのは さがしものがあるの
僕を呼び出したのは どこかへ行ってみたいの※

心のアザに ウイスキー注ぎ
倒れて泣けば 昨日は消えた
失うものが なんにもなくて
部屋の片隅 りんご飾った

橋の上から 恐怖と孤独
叫ぶ絵を見て わかると言った
僕にもわかると 答えた時に
あれがサヨナラ だったんだよね

残酷な季節だったと
白い手の人が笑うよ
光るのは指輪だろうか
まぶしくて顔をそむけた

(※くり返し)

少しはぐれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しねじれたけれど 今日まで生きてきたよ
少しはぐれたけれど
少しねじれたけれど
吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...