少年の最後の夏 歌詞

歌:荻野目洋子

作詞:売野雅勇

作曲:筒美京平

退屈が友だち…とうそぶいて
いつでもアウトロー気取っていたね

新聞の片隅に7行のニュースで
あの子の青春が終る

海沿いのカーブから
君のバイクが
あゝ夏に消えた

ねえ何を隠したかったの
街角に背を向けて
あゝ愛だけで救えないものが
哀しいけどあるね

第三京浜の立橋を渡るたび
涙が心に刺を刺すのよ

隊列(なかま)から脱ける日も
Vサイン夜空に突き立て見送っていたね

最後までひとりでは
哀しかったね
あゝごめんなさい…

淋しさ分ってあげたら
友だちでいられたの…?
あゝ座れない椅子がひとつだけ
青春にはあるね

ねえ誰に話したかったの
眼を閉じたその時に
あゝ座れない椅子がひとつだけ
青春にはあるね
荻野目洋子の人気歌詞
ダンシング・ヒーロー

「愛してるよ…」なんて 誘っても くれ ...

六本木純情派

You've broken my hea ...

キラー通りは毎日がパーティ

青山通りから外苑へ ブティック切れる頃 ...

TOKYO GIRL

髪を短く巻いたり 心境の変化ね うつむ ...

NONSTOP DANCER

たとえ朝からの雨に 湿気そうな一日が来 ...

フリージアの雨

動きだす汽車の窓から あなたはカメラを ...

ビーチボーイズを止めないで

Don't Stop the Beach ...

ビーチ・ドライブ

カブリオレの幌を ヒーター強くして 開 ...

北風のキャロル

D・Jがメランコリー誘うね トップ40 ...

心のままに ~I'm just a lady~

※I'm Just a Lady so ...

DEAR ~コバルトの彼方へ~

風の扉につづく光る小径を 僕は走って君 ...