北物語 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:大津あきら

作曲:浜圭介

瞼に雪が積もります
あなたに愛が積もります
一夜燃やした運命の糸が
好きと 好きと 紡ぐから

命ぎりぎり愛したい
涙ぼろぼろすがりたい

寒い漁り火 小樽花園
女乱れる 北物語

心に蝶が踊ります
まだ来ぬ春を怨みます
肌に残したぬくもりさえも
あなた あなた 幻ですか

生きてぎりぎり愛したい
酔ってぼろぼろすがりたい

めぐり逢うなら 港函館
女彷徨う 北物語

瞼に雪が積もります
あなたに愛が積もります
未練飛び立つネオンの海じゃ
わたし わたし 死ねません

命ぎりぎりすがりたい
涙ぼろぼろすがりたい

リラの花咲く 都 薄野
女待ちます 北物語

瀬川瑛子について

1967年4月「涙の影法師」で18歳にて日本クラウン(株)よりデビュー。デビュー3年目の大ヒット「長崎の夜はむらさき」(昭和45年)各社競作の中30万枚を売り上げた「矢切りの渡し」(昭和58年)昭和最後のミリオンセラーとなりました「命くれない」(昭和61年)などがある。
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

二人羽織

何年経つでしょ 連れ合って 手さぐりだ ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

堀川運河

港まつりの 遠花火 誰に思いを 寄せて ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

ひろしま、そして雨ン中

男ごころを冷たく濡らす 夜のひろしま ...

涙は女の化粧水

あれから二年の冬が過ぎます 女の倖せ置 ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...

夢落葉

寒いお酒が 身に沁みる あなた忘れの ...

むすめ上州鴉

肩に重たい 振り分け荷物 風が冷たい ...

みんないい女

誰だって泣きながら 眠った夜がある 悲 ...

二人羽織(ににんばおり)

何年経つでしょ 連れ合って 手さぐりだ ...

泣きたい夜

故郷(ふるさと)からも 見えるでしょうか ...

あなたのそばに

笑顔がいいねと あなたに言われ いつで ...

桜雨~さくらあめ~

ひとひらふたひら 舞い降る桜花(はな)を ...

嵯峨野路ひとり

つれて逃げてと 言葉にだせず 涙かくし ...

また逢えそうなブルース

いやだ… やだ… やだ もう恋なんか ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

人生つづら坂

ひとつ越えても その先に 続く七坂 忍 ...

とんぼり

ここは浪花の道頓堀です 蝶よ花よの酒場 ...