奥飛騨慕情 歌詞

歌:竜鉄也

作詞:竜鉄也

作曲:竜鉄也

風の噂さに 一人来て
湯の香恋しい 奥飛騨路
水の流れも そのままに
君はいでゆの ネオン花
ああ奥飛騨に 雨がふる

情けの淵に 咲いたとて
運命悲しい 流れ花
未練残した 盃に
面影揺れて また浮ぶ
ああ奥飛騨に 雨がふる

抱いたのぞみの はかなさを
知るや谷間の 白百合よ
泣いてまた呼ぶ 雷鳥の
声もかなしく 消えてゆく
ああ奥飛騨に 雨がふる
竜鉄也の人気歌詞
紬の女

草木の紬に身をつつみ 踊った姿が忘られ ...

哀愁の高山

うるむネオンの 裏町を ふたりで歩く ...

人生二人三脚

雨が降っても 傘さえさせぬ つえをたよ ...

男の酒場

よしな よしなよ もう酒は 飲むほど苦 ...

勝負

涙涸れても 血の一滴く 骨の髄から 出 ...

旅の宿

夜空にけむる 湯の町を 月のしずくに ...

山の駅

緑変わらぬ この町に 君の姿は あるだ ...

屋台酒

にぎわう街の 片隅で 俺と良く似た奴が ...