まさかの女 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:秋元康

作曲:後藤次利

北のはずれの 小さな街で
道にはずれた 恋をしたの
風の噂に 追われるように
夜明けの汽車は
息を潜め 逃げ出す

※そういうことって よくあるけれど
自分がするとは 思いもよらずに…
そういうことって よくあるけれど
私は 私は まさかの女よ※

魔がさしたとか なりゆきなんて
きれいごとなど 言いたくない

命を賭けて 愛し合ったわ
どこかの海で 死のうなんて思った

悲しい話は よく聞くけれど
あふれる涙が 正夢みたいに…
悲しい話は よく聞くけれど
私は 私は まさかの女よ

(※くりかえし)
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...